2020年8月27日 投稿者: masterad_nutriray3d 0

カントン包茎は包皮口が狭いから血流が滞留する

カントン包茎だと分からず包皮口の狭さから血流が滞留することも

カントン包茎は平常時だとスムーズに剥くことができる人がいるため、気がつくのが遅れて勃起時に大変な思いをしてしまうことがあります。仮性包茎の強度絞約型とカントン包茎はほとんど境目がないくらい似ている部分があります。

日頃、仮性包茎だと思っている人も、包皮口が陰茎部の太さよりも狭くなっている人は注意が必要です。陰茎部の太さは成長により、平常時でも太さが異なってきます。狭さの割合が高くなれば、勃起時にカントン包茎の症状を起こす可能性があります。

亀頭を出そうとしたときに包皮口がひっくり返るなどしてもとに戻せなくなると、締め付けが発生し厄介です。もともと狭い部分がさらに狭まってしまうことで、自分では頑張っても戻せない場合、痛みが次第に強くなっていくでしょう。

血流が滞留し亀頭部分の変色が起きているようでは、そのまま放置してしまうと壊死してしまうので緊急手術が必要になります。そうならないためにも、カントン包茎になる可能性が高い包皮口が狭い人は、専門医に相談すべきです。

放置は怖いカントン包茎の包皮口の狭さで起こるさまざまなこと

包皮口が狭くて無理に亀頭を露出すると、締め付けが起きて血流が滞留することで痛みが起きます。また皮膚が引き裂かれるような痛みを伴いますが、実際に裂けてしまう場合があって、治りも遅く厄介な症状です。カントン包茎の包皮口が翻転するなどしてうっ血状態になることは、見るからに危険だとわかりますが、他にも危険な状態があります。

一度もとに戻せた経験がある仮性包茎の強度絞約型の人は、カントン包茎に移行していても治療を後回しにしてしまうことが多いですが、締め付けによる壊死の他にも炎症に注意しなければなりません。血流の滞留や包皮口の裂ける状態が頻繁に繰り返すと、炎症が起きやすくなります。怖いのは炎症が繰り返されたあとで、包皮の癒着が起きて真性包茎になってしまう可能性があることです。

勃起時に亀頭をすべて露出することができないカントン包茎の人は、血流の滞留から感覚が麻痺して遅漏やEDになる人も少なくありません。

まとめ

なんとか剥くことができるとどうしても、手術の選択肢を外したくなってしまいます。でも、仮性包茎の強度絞約型からカントン包茎になって、血流の滞留が起きてしまうといろいろな問題がペニスに起こります。

包茎の手術を受ければ、問題が解消し何の心配もせずにいられるのに、対応をせずにいると生涯にわたり血流が滞留することで起こる壊死や、炎症に癒着を心配しなければなりません。遅漏やED、あるいは真性包茎になってしまわないためにも、早い対応を行うことが適切です。