2020年8月27日 投稿者: masterad_nutriray3d 0

カントン包茎だと包皮口から外に出た部分がうっ血して壊死してしまうケースもある

包皮口が狭くなって締め付けられるカントン包茎

お腹のぜい肉に埋もれる埋没や亀頭が露出しにくくなる真性や勃起時以外は皮がかぶっている仮性など、包茎のタイプは様々ですが、その中でも最も厄介で問題が深刻化しやすいのがカントン包茎です。

カントン包茎は先端の包皮口が極端に狭くなっている状態で、亀頭が締め付けられてうっ血して壊死してしまうこともあります。亀頭に血液が行きわたらなくなり、腫れあがって痛みを伴うケースも多いです。包皮口がスムーズに伸縮されず、通常時と勃起時のギャップによってうっ血や壊死が引き起こされます。

狭いからといって強引に剥いて包皮口を広げようとするのは絶対にNGです。症状がさらに悪化してしまう可能性があります。うっ血による壊死が生じると男性機能が失われるリスクもはらんでいますので、たかがカントン包茎と軽視せずに早めにクリニックで治療を受けるべきです。取り返しのつかない事態に陥ってからでは遅いですので、まずは一歩踏み出しましょう。

包皮口を解除する治療を受けてカントン包茎の悩み解消

カントン包茎の治療は美容外科クリニックや泌尿器科クリニックで受けられます。ほとんどの場合は保険適用外の自由診療をなりますが、症状や状態によっては保険適用となる場合もあります。カントン包茎の治療は、包皮口の狭さや締め付けを解除して亀頭を露出させるというものです。

陰茎のデザイン性や審美性にもこだわりたいなら、美容外科クリニックを選ぶのがおすすめです。手術の方法は患者さんの陰茎の状態や形や体質などに応じてドクターがベストなものを提案してくれますので、カウンセリングのときに悩みや理想や希望や要望などを明確に伝えておきましょう。

神経麻酔や表面麻酔を施した状態でメスを入れますので、手術中の痛みはありません。手術時間はトータルで40~60分くらいで、日帰り治療が可能です。術後に痛みが出てしまった際にすぐに対処することが出来るように痛み止めが処方されますし、クリニックはアフターフォローが万全なので何か異常が発生した場合はすぐに対応してくれます。

まとめ

カントン包茎はその他の包茎に比べてかなり厄介で問題が深刻化しやすいこと、カントン包茎は放置すると包皮口の狭さで亀頭が締め付けられうっ血してひどい場合は壊死してしまうこと、カントン包茎はクリニックで治療をするのが有効的な対策方法であることについて、深く知ることが出来たのではないでしょうか。

放置するのはご法度です。壊死して男性機能が喪失するというリスクがありますので、とにかく早めにクリニックを受診しましょう。